Atsuko Hatano is an experimental string player based in Tokyo, Japan, and a prolific composer, music arranger, and improvisational live musician. She commands the five-string viola and constructs innovative compositions with multi-layered electronica.

Atsuko completed a European concert tour in 2018-2019, showcasing her original setlists at music festivals and concert venues in Belgium, Germany, Italy, and other countries. The Belgian record label, Off Records, has released several of her tracks digitally. And The German record label Alien Transistor will release Atsuko and Midori Hirano’s collaboration album in 2021.

She often collaborates and plays live and recording with renowned musicians, including COREY FULLER, TETUZI AKIYAMA, MIDORI HIRANO, OORUTAICHI, JIM O’ROURKE, EIKO ISHIBASHI, and YUTA ORISAKA. She also performed with MOCKY, A WINGED VICTORY FOR THE SULLEN, ARNOLD DREYBLATT, and TORTOISE during their recent tours in Japan.

She has released four solo albums: Bleeding Heart (2019), Cells #2 (2018), Maria (2013), and Water for 13 (2011). As part of TRIOLA, a progressive-experimental music duo with ANZU SUHARA, she also released the album Chiral (2019), featuring various guest musicians.

Atsuko’s eclectic scores and instrumentations have been featured in major films and prominent television commercials. She also collaborated with NAKABAN, a Tokyo-based illustrator and visual artist , and produced an animated film: Poca Luce, Poco Lontano (2007).

Launched in 2009, Atsuko has offered a music service called ORDER MADE MUSIC in which she composes an exclusive piece tailored to each client’s request. She is currently preparing to release a collaborative album with MIDORI HIRANO, a Berlin-based musician and composer. Atsuko also routinely releases new compositions for online music streaming and download services.

Recent Bandcamp albums : https://atsukohatano.bandcamp.com

3歳からヴァイオリン、5歳からはピアノを始める。ヴィオラ、チェロもこなすストリングス・プレイヤー。室内楽を中心とした1stアルバム「13の水」リリースをきっかけにソロ活動をスタート。その後3枚のソロアルバム、2枚のコラボレーション・アルバムをリリース。 2018年に発表した弦楽オーケストラ作品「cells#2」は国内外から高い評価を得る。2021年にはベルリン在住のアーティスト、ヒラノミドリとの共作「Water Ladder」をドイツAlien Transistorレーベルよりリリース予定。リーダーを務めるストリングス・ユニットTRIOLAではヴァイオリニスト須原杏と波多野のデュオにて、アルバム「Chiral」を2019年3月にリリースし音楽評論家の松山晋也氏より「欧米インディー・クラシック・ムーヴメ ントに対 する日本からの回答」と評される。

ライブでは主に5弦ヴィオラを演奏。生音と、エフェクターを通した重低音、ドローンやノイズ、更には古典的なハーモニーを組み合せて、他に類を見ない独特の音楽空間を生み出す。その音楽観を携え2019年5月にはヨーロッパ4カ国11カ所にてソロ・ツアーを敢行。

これまでに多くのCM音楽や映画音楽を制作。近年では2018年には増田セバスチャン監修のPOLAアートムービー音楽、2019年PFFグランプリ受賞作作品「おばけ」他、中尾広道監督全作品への音楽提供。また、2020年には斎藤工主演フコク生命CM音楽制作、フジTV月9ドラマ「朝顔」主題歌の管弦アレンジと演奏を担当するなど多方面で活動。ストリングス・アレンジとしては2019年CDショップ大賞受賞作品の折坂悠太「平成」や、2020年 mama!milkの7インチ・シングル「velude」に参加。その他OORUTAICHI、KID FRESHINO、石橋英子、 Mocky、Corey Fuller、Jim O’Rourkeらのアルバムやライブに参加しながら多岐に渡り活躍、精力的に新たな音楽表現を探求し続けている。

近年のBandcamp作品はこちら:https://atsukohatano.bandcamp.com

photo by Laurent Orseau